費用について

店舗を自作しようが業者に依頼しようが、初期費用は思いの外高額に至るものです。ところが素人はもちろん、業者でさえ簡単に見積もりを出すことはできません。素材やデザインを思案の埒外においてもパターンは無限なので、詳細が決まるまでは概算すら叶わないのが実情です。

大事なのはデザイン・設計に最大でどれくらい出費できるのか、つまり開業資金がそもそもいくらで、その内訳としての設計費が何パーセントなのかを予め考え尽くしておくことです。そうすれば業者は客である店舗経営者に様々な提案をすることができます。
「この素材の方がお客様のイメージに近いのではないでしょうか」、「ご希望のイメージに一番合った素材はこれですが、予算内ではこちらがお薦めです」といった具合で話し合うわけです。

仮に予算を細かく決めることなく業者に依頼したとしましょう。
業者としては客のイメージのみを頼りに、見積もりを作成することになります。
見積もりの額面が想像以上に高額だった場合、見積もり費用が無駄になることもありますし、見積もりが無料であっても割いた時間は返ってきません。

当然ながら開業準備は店舗のデザイン・設計のみではありません。
お金はもちろん、時間も限られています。
開業資金の仔細を準備した上で業者に相談するのが最善だといえます。

ただ経営者の中には予算を業者に伝えることを躊躇う人もいるでしょう。
足元を見られるのではないかと。
そのような方は信頼できる業者を納得できる方法で選択することの他、ネットや書籍で設計費用に関する知識を蓄えることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です