家具・什器・照明

店舗をデザインする上で、家具や什器は大切なポイントです。
既製品もオーダー品もありますが、専門店の什器はオーダー品も少なくありません。

例えばレジ台のオーダー品は10万を下りません。
オーダー品はほとんどが木製です。
いわゆる箱物や脚物と呼ばれる家具が多くを占めますが、椅子は大体が半既製品です。
店舗で使われるものは耐久性を要するため、メラミン化粧板が施されていることも。
純木材の家具は高価なので、大衆向けのチェーン店等ではあまり見かけません。

箱物什器は商品の大きさに合わせる必要があるため、ほとんどがオーダー品ですが、中には既製品もあります。
比較的目にするのはハンガーの既製品でしょう。
他方、量販店では既製品の什器が大半を占めています。
オーダー品であっても注文数が桁違いのため、価格はそれほど高額ではありません。

 

空間デザインを計画する時、照明も負けず劣らず確固たる位置を占めます。
デザイン事務所に依頼すると専門のライティングデザイナーが担当し、ベースライト、ウォールライト、スポットライト、パワーライト、ホリゾンとライト等を駆使して洗練された空間を創造します。

ベースライトは基本照明の意で、大型店における蛍光灯や、ホテルにおけるダウンライト等が該当します。
ウォールライトは壁を照らす照明です。壁を明るくすることで、客の視覚照度が上がります。
スポットライトは局部照明の意で、商品等の一部を強く照らすことで演出効果が高まります。斜めから照射することで陰影が際立ち、より効果的な演出を期待できます。
パワーライトはショーウィンドウに使用される強力なライト、ホリゾントライトは間接照明を指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です