心を配る

店舗デザインを得意とし、ウリにしているといった設計会社は、山ほどあると言えるでしょう。しかし、腕の良さそうなデザイナーさんや設計会社に依頼できたとしても安心はできないと言えるでしょう。実は、下請けである施工業者と、デザイナー、または設計業者の関係性が悪いと、できあがった店舗にたくさんの欠陥があったり、スケジュールが大幅に遅れてしまった りと問題が発生してしまいます。業者選びの際は、下請け業者との関係性なども調査できると望ましいでしょうが、なかなかそういったところは内部に入って見ないとわからないということも多いため、施工開始からは、作業の進捗を見るということも兼ねて、業者さんなどへの心配りを差し入れるなどして、関係の円滑を目指すと良いかもしれません。面倒な作業ではあるかもしれませんが、デザイナーさんの意図や、施工業者の方の考え両方を把握しておくと、万が一関係が思わしくない場合にも、自身が間に入って意思疎通の役割を果たせるのではないでしょうか。施工者が設計やデザインの意図を理解して作業することができるような環境を整えることで、スムーズに工事が行われるようになるのではないでしょうか、また、土台をしっかりと築くことができれば、完成後の調整も比較的スムーズに行われる可能性が大きくなるというメリットもあるでしょう。それぞれが良い仕事をしようと思っている時こそ、ぶつかりやすいのが職人の世界と言えるでしょう。自身の理想の店舗のためにも、面倒臭がらずに、積極的に人と関わっていけることが望ましいでしょう。こういった場面で職人さんと仲良くなっておけば、業種によっては常連さんとして付き合っていける可能性も広がるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です