秋のイメージづくり

秋はオレンジ、茶、ワインレッド……などディープカラーをチョイスするといいと思います。

ぶどうや柿など秋に美味しい果物やクリやさつまいも、きのこなども秋を演出してくれるのではないでしょうか。

紅葉、ススキ、どんぐりなどの木の実などはディスプレイに添えるとそれだけで秋っぽいですね。

秋は色や素材でも表すことができます。

毛糸やフェルトなどを使って飾りを作るもよいかもしれません。

色は茶色っぽいのが良いかと思います。

また秋はハロウィンがあります。

秋になるとハロウィンの飾り付けをたくさん見かけます。

かぼちゃやお化けの飾りも色んな所に売っていますし、秋色のディープカラーばかりまとめてしまうよりも華やかさが増すような気がします。

秋は外出する人も増えるような気がします。

お客さまがフラッと入れるような店舗作りをするのは売上を上げるためにもとても重要になってきます。

お客さまに提案する商品も秋らしいものに変えたり、温かみのあるディスプレイにするのも良いかと思います。

また、重厚感があるのも秋らしいと言えます。

照明を秋らしく落ち着いたものに変えるのも良いかと思います。

レイアウトを変えたり、照明を変えて、秋らしい店舗づくりをして、お客さまの居心地を考えるのも良いのではないでしょうか。

お客さまの方もおしゃれをしたり、心地よく過ごしたりと気分の方は上がっている場合が多いかと思います。

店舗も色づいて季節感を出すことは、お客さまにとってもワクワクしてくるのではないかなと思います。

とはいえ、秋は商品自体が落ち着いた色になってくるので、あまり装飾や照明を派手にすると商品が目立たなくなってしまいます。

カラーコーディネートをしながら商品が目立つようにディスプレイしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です